ブログトップ

アリス in ワン!ダーランド

jyasuminpa.exblog.jp

2012年10月に新しい家族になった子ボルのアリスと先住ボルゾイジャスミンとの日々

2016年 07月 27日 ( 2 )

前記事から続けてその2へ!

念願の光太夫直筆の書も観て大満足であったジャス父ですが
今日の目的はもう一つ!
鋭い方はお察しでしょうが(みんな解ってるって!)

三重?鈴鹿?白子浜?

このキーワードでピンときた方はボルゾイ通(笑)
そうです!あのショコタルです!
あれ?
なんか違うぞ、、、先を急ぎます(笑)

c0260264_19484557.jpg

c0260264_19485893.jpg


記念館を後にしたジャス親父は次なる目的地に!
途中、光太夫一行が船出した白子の漁港に立ち寄り、井上靖先生の記念碑に
手を合わせます(笑)

c0260264_19511914.jpg


白子漁港から南に続く海岸線。
そうです。この先に聖地はあるのです。

c0260264_19523249.jpg


あれ?

c0260264_19525385.jpg


あれれ?

c0260264_19531447.jpg


さ~、もう皆さんお気づきですね、、ってとっくにわかっとるわ!
そうですボルゾイブログのトップランナー、カイ君、ユリさん、天才陸ボンのブログで同じみ
鼓ヶ浦へと続くあの有名な階段なのです(爆)
まさにボル飼の聖地と言っても過言ではありません!
便乗組のヒョヒョヒャルだって現れます(ちょっとくどいか)

c0260264_20282457.jpg

c0260264_20292040.jpg


FaceBookで明日、光太夫記念館を覗いて見ようかってつぶやいたら、さっそくカイ父さんが
そこまで来るならぜひどうぞってお誘いしていただき、平日の昼下がりのお忙しい時間帯に
あの有名な居間にちょこっとお邪魔させていただきました!

c0260264_20222363.jpg


うひゃ~!本物だよ。

c0260264_20225822.jpg


ユリさん可愛い!

c0260264_20232953.jpg


陸ボン、脚は痛々しいが割と元気!
春よりずいぶんと大人っぽい顔になっていた。

c0260264_20243346.jpg


御大、カイ君はジャス親父の訪問程度じゃやる気が起きない(笑)

と言う訳で(どんな訳だよ?)
三重は鈴鹿の聖地巡礼!
無事終了で帰路に着いたジャス親父でした!

カイ君ご一家!
まことにお邪魔いたしました。
by jyasupapa | 2016-07-27 20:30 | その他 | Comments(4)
今日は久しぶりに名古屋出張!
訪問先の営業さんを脅して早朝8時にアポ取りました(笑)

かねてから念願だった計画があったのだ!

名港の飛島までゆっくり走って3時間とみて、5時前に自宅を出発。
今回初めて新東名の浜松から先を走ってみます。

いざ未知のルートへ!

c0260264_18533283.jpg

c0260264_1854084.jpg


当然まだ僕のナビには載っていないので計画路線の点線の上を進みます。
新ルート上にある長篠のSAで小休止!
武田信玄と織田信長の戦った古戦場です。信長が陣を張った茶臼山の根元にあるSAです。

c0260264_190162.jpg


c0260264_1901454.jpg

c0260264_1903123.jpg


こうして俯瞰してみるとなんだか往時の戦の様子が思い起こされて面白いですね。
信長本陣跡なんてのもありました。

c0260264_192396.jpg
c0260264_1921082.jpg


新東名も静岡県側は路側帯が広くて走りやすいのですが愛知に入るといきなり、、、

c0260264_1933156.jpg
c0260264_1933821.jpg


旧東名とさほど変わらない?
此れじゃ120Km速度指定は無理なんじゃね!
で、午前中に嘖々と仕事をやっつけ、まずは第一目標へ!

c0260264_1971650.jpg


いきなり車は三重県は鈴鹿市!
県道6号線、若松町へ。

c0260264_1911780.jpg


ジャス親父が、どうしても訪ねたかったのは此処!「大黒屋光太夫記念館」
念願かなってやっと訪れることができました。
大黒屋光太夫については以前のブログでも少し触れましたが伊勢白子浜の船頭で
ロシアに漂流して10年の歳月をかけて日本に戻ってきた、僕の中の英雄です。

此処でジャス親父がどうしても見たかったのがこれ。

c0260264_19152450.jpg


10年の漂流の果てに帰国し、鎖国政策まっただ中の江戸幕府によって半ば幽閉されていた
光太夫が帰国が10年たってやっと故郷の伊勢白子に戻った時の身内の者に
自筆で書いて渡した書だそうです。
ロシア語で鶴と言う言葉が書いてあるそうなのですが、往時光太夫は何を思って鶴と
したためたのでしょうか?
ジャス親父の浅~い考察では、厳しくつらいロシアでの10年だったのですが、帰国した
日本での自由のない生活、江戸幕府の非常に狭い料簡の人々、そんな事に嫌気がさし
鶴のように自由に空を舞い、またロシアの広く自由な大地に戻りたかったのでは、、、
などと思いを巡らせてみているとこれだけでも見に来てよかったなって思ったのです。

c0260264_19373657.jpg


長くなったのでその2に続く!
あ、その2のお題は「聖地巡礼}?
by jyasupapa | 2016-07-27 19:41 | その他 | Comments(0)