ブログトップ

アリス in ワン!ダーランド

jyasuminpa.exblog.jp

2012年10月に新しい家族になった子ボルのアリスと先住ボルゾイジャスミンとの日々

2016年 07月 04日 ( 1 )

先週末、何気なく本棚を整理していて久しぶりに出てきた
井上靖先生著作の「おろしや国酔夢譚」を見つけて読み返してしまった。

c0260264_19575660.jpg


今を去る事、二百数十年も前の物語ですが、本当に面白い。
井上靖先生の筆力もさることながら、全くのおとぎ話ではなく、史実としての
迫力に圧倒されます。

この本の1ページ目。

c0260264_2004950.jpg


伊勢亀山領白子村とありますが、かつて読んだときには何も感じなかった部分です。

天明二年十二月十三日、光太夫が船頭を務める千石船は伊勢の白子の浦を出帆
駿河沖で大しけに会い遭難するのですが、、、、

伊勢白子浜?待て待てどこかで聞いたことがあるぞ!!!
カイ君が何時も遊んでる浜の名前ジャン(笑)

なんと光太夫一行の乗った船は、カイ君ちの浜から出帆し、私の住む駿河湾沖で
嵐に会い遭難して、9年半の月日をかけてロシアの西の果てまでを往復し
帰国されていたのです。

以前この本を読んだときには、まだジャス姉さんも家に来る前で、ボルゾイなんて
カマドウマみたいな(笑)犬なんて知る由もありませんでした。
あらためて読み直してみて、純粋に面白かったのですが、頭の片隅には常に
光太夫もボルゾイ見たのかな~とか、シベリアが長かったからハスキーとか
サモエドみたいなやつはきっと見たよな!みたいなことばかりが脳裏をかすめていたのであった。

今は鈴鹿市に光太夫の記念館があるそうなので、一度訪れてみたい。
by jyasupapa | 2016-07-04 20:19 | その他 | Comments(3)