ブログトップ

アリス in ワン!ダーランド

jyasuminpa.exblog.jp

2012年10月に新しい家族になった子ボルのアリスと先住ボルゾイジャスミンとの日々

なかなか慣れない、、

ジャスミンが旅立って10日が過ぎました。
長かったような短かったような日々でした、、、

土曜日にはラン仲間が大勢集まってくれて、盛大な追悼ランも開いてもらいました。

正直なところ、自分で出来ることは手を尽くしたつもりなので、そんなに後悔はしない
つもりでした、ペットロスって私はならないんだろうなって漠然とした自信みたいなものもありました。
ジャスミンの先住犬のペロの時もそんなに落ち込んだりはしないで済みました。
比べものならないくらいの壮絶な最期だったペロでも大丈夫だったのです。

あまりに穏やかだったジャスミンの最後が却って喪失感を倍増させているのかな~?
ふと手が空くと、彼女の事ばかり考えてしまう自分に驚いています。
c0260264_19215016.jpg
早くアリスだけの生活に慣れなくてはと、モチベーション上げれるように
なるべく外に出かけるように頑張ってます!
ジャスミンの足が弱ってから、しばらくご無沙汰していた山に再度挑もうと
同じく弱ってきた足腰鍛えようと、ジム通いも始めました。

c0260264_19271545.jpg
c0260264_19271407.jpg
弱虫アリスも一から鍛えなおし(笑)
ジャスミンがいなくなった直後は、さしていつもと変わらなかったアリスも、
ここ二日ほど、妙にげんきがない。
やっぱり寂しいんだろうな~。

姉ちゃんに怒られないように頑張ろうぜアリス!


by jyasupapa | 2018-01-30 19:34 | ジャスミン&アリス | Comments(4)
Commented at 2018-01-30 20:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-01-30 21:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jyasupapa at 2018-01-30 22:06
> カイ父さん
確かにアリスに救われている部分は大きいと思います。
僕はもっとドライで鈍感な人間だと思っていたのですが、どうやらそうでもないらしいです。ジャスミンの存在感の大きさがそうさせているのかもしれません。
さっきFaceにも書いたのですが、少しずつ浄化されて、良い思い出だけが熟成されていくのだろうな~などと漠然と考えています。
ある友人が昨日電話でジャスミンのケースは何にも悲しむことはない、立派な最期だったじゃないか。もっと笑ってやったらどうですかと言われ、救われたような気がしました。
もう少し時間が必要なだけだと思います。
半歩位ですが、前に足が出始めましたから(笑)
Commented by jyasupapa at 2018-01-30 22:12
> ティナ母さん
心配させてすいません。
仲間がいるってことがこんなに頼もしいと思ったのは久しぶりでした。

ジャスミンがこんなに愛されていたって事も本当にうれしかったです。
ティナの時はママの背中たたくような事ばっかり言ってたくせに、自分の事になったらだらしなさすぎですよね。

すべてを笑って振り返られる日がティナママにもきっとくるよ。
ちゃんと命を見守ってきたんですから。