ブログトップ

アリス in ワン!ダーランド

jyasuminpa.exblog.jp

2012年10月に新しい家族になった子ボルのアリスと先住ボルゾイジャスミンとの日々

テント泊について考えるの巻。

今年のGWは暦の並びがよく、10連休と言う長期休暇になり、
前半はキャンフェスでボル友さんたちとキャンプ!

後半にも本栖湖で息子たちとキャンプで過ごすことができました。

そんな中で、改めて犬連れのキャンプについて考えさせられたことを少し。

今春の九州の震災でも、先の東北の震災でも被災先の避難所での
ペットの扱いがいろいろと取りざたされておりました。

静岡はいずれ大地震が来るぞって言われ続けてますので、なおさら考えさせられます。
仮にペッットもOKな避難所があったとしても、我が家のような大型犬多頭の場合
どうなんでしょう?
個人的には、非常に難しいな~って考えます。
特にアリスみたいに臆病で、環境の変化に適応しにくそうな子はなおさらです。

前回のキャンフェスでのキャンプでもオーナーとそんな話になり、万万が一の時は
此処まで来てテント張るって手もあるよって言っていただきました。

今まで自宅の2階の階段上の収納スペースに詰め込んでおいたキャンプ道具でしたが
今後は非常時にすぐ持ち出せるよう、外の物置に保管することにしました。

最近我が家の犬連れテント泊で欠かせないアイテム。

c0260264_20224484.jpg


コールマン社製のドーム型タープ。
タープってのは昔風にいうと天幕ですね。
屋外で食事や休憩取るときに、日差しや雨を遮ってくれる屋根です。
通常のドーム型テントですと。

c0260264_20252996.jpg


上の写真のように、フロアーも布で覆われています。
大型犬の体重では、生地が傷んでしまう恐れが大なので、最近こちらは
人間様専用に。ワンコ達とはテントの下張りのないドーム型テントが使いやすいと思います。

c0260264_20283049.jpg


最近はキャンプ用ベッドをこの中に持ち込んで寝ています。
僕のは米軍が使ってる野戦用の奴、強度もあって地面の湿気や凹凸が気にならないので
普通のテントのフロアーにじかに寝るより快適です。
体重70Kgの僕と28Kgのアリスで100Kg近いのですがびくともしません(笑)

ま、災害は起きないに越したことは無いのですが、万が一の備えは最低限しておきたいと思います。
母さんに言って、新しいランタンとシュラフも買い換えておいた方が良いかな~?
by jyasupapa | 2016-05-10 20:37 | ジャスミン&アリス | Comments(0)