ブログトップ

アリス in ワン!ダーランド

jyasuminpa.exblog.jp

2012年10月に新しい家族になった子ボルのアリスと先住ボルゾイジャスミンとの日々

バーンズ・ナイト

箱根の雪遊びから帰宅して、ジャス父はもう一つのお楽しみ!

お友達の某Barのマスターからこんなお誘いが。

c0260264_1959847.jpg


ウィスキー好きのジャス父としては見逃せないイベント!
はたして「バーンズナイト」とは何ぞや?

SUNTRYさんのホームページより引用。
 
「日本人なら「蛍の光」を知らない人はいないが、その原曲が Auld Lang Syne(古く遠い昔)というスコットランド民謡で、酒飲み歌であることはあまり知られていない。原詩は「昔なじみを忘れてなるか、想い出さずにいられるか。昔なじみを忘れてなるか、遠い昔のあの頃を。いざ、遠い昔のために、友よ、遠い昔のために。われら友情の酒、酌み交わさん、さあ、遠い昔のために」といった意味。つまり親友が再開して乾杯し、友情を温める歌だ。詩の作者は、恋と酒と歌を愛した熱烈なスコットランドの詩人ロバート・バーンズ。37歳で夭折した彼の600篇を超える詩にはスコットランド魂を揺さぶるものがあり、今もその誕生日1月25日には「バーンズ・ナイト」と呼ばれる宴があちこちで催される。そこで決まって出てくるのがハギス。羊の胃袋に臓もつをつめて茹でたスコットランドの名物料理だ。バグパイプの先導でハギスが入場するとバーンズの「ハギスに捧げる歌」が朗読され、その後ナイフで切り分けられて宴の開幕。もちろんウイスキーが出て、中にはハギスに振りかけて食べる人もいる。ザ・マッカランを振りかけたハギスこそザ・ハギスであることは言うまでもない。 」

まー、趣旨はともかくとして美味しいお酒が飲めれば何でもいいや(笑)

で、出かけてまいりました!

c0260264_2031365.jpg


まずは皆さん揃ったところでスコットランドの地ビールで乾杯!
「バーンズナイト」スタートです。
もちろんBGMはバグパイプのCDが流れております。

c0260264_2041437.jpg


今宵は美人なバーテンダーさんも!
(誰だよ、JALのスッチーのなりそこないなんて言ってるのは)

そして今宵のメインディッシュ!

c0260264_20193519.jpg


スコットランドの郷土料理らしいが、基本的にあまりおいしいって話は聞かないけど
さてさていかがなものでしょう?

c0260264_2021543.jpg
c0260264_20211427.jpg


流石はマスター!きっちり食べれる味に仕上げてあります。
かなり(相当)スパイシーだけど嫌いじゃない味(笑)

ザ、マッカランを筆頭に何種類(何杯?)飲んだかな~、すっかり出来上がってしまいました!
最後に今宵のデザートが。

c0260264_202455.jpg


こちらも地元で食べるお菓子らしい。

c0260264_2024449.jpg


こちらは僕には甘すぎてギブ!
楽しい一夜をありがとうございました。
by jyasupapa | 2016-01-25 20:28 | その他 | Comments(0)