ブログトップ

アリス in ワン!ダーランド

jyasuminpa.exblog.jp

2012年10月に新しい家族になった子ボルのアリスと先住ボルゾイジャスミンとの日々

初代先住犬ペロの事。

私はエアコンの風が嫌いで、自分の寝室では夜は止めて寝ています。
今朝3時頃あまりの寝苦しさに目が覚めてしまい、シャワーを浴びたら
寝付けなくなってしまったので、そのままPCの前に座り
過去の写真の整理を始めてしまいました。

何故だか急にペロの事を思い出し感傷的な気分になっています。

c0260264_574770.jpg
c0260264_583668.jpg


彼女は柴系の雑種で当時私が勤務していた山梨の工場の庭に
段ボール箱に入れられ兄弟たち4頭とともに捨てられていました。

3頭の引受先を探し(無理やり友人たちに押し付けたり)残った1頭を
我が家に連れ帰ってきたのが始まりです。
当時は私自身さほど犬には興味などなく、まー子供たちの遊び相手程度にしか
考えていませんでした。

当時長男が10歳くらいだったでしょうか?
彼にペロの世話係を命じ、それから17年の長い期間我が家の一員になったのです。
毎週末恒例のキャンプにも同行し完全に家族の一人として生活していました。

晩年年老いて白内障がひどくなり少しボケがきていたかもしれません。
ある日帰宅すると彼女の姿が無くどうやら網戸になっていた窓から網戸を破って
外に出たようでした。

家族で家の周りを探し回り役所や病院関係も電話して探したのですが
その時点では見つけることができませんでした。

1か月近くたちあきらめかけていた頃、市内のある病院から電話が有り
探している子ではないかとの連絡でしたので、すぐに確認に向かいました。

c0260264_5222855.jpg


再会できた彼女は間違いなくペロだったのですが、なんとその時の彼女は
右の前足が無い状態でした。
先生の説明では、我が家の近くを通る身延線の線路わきで倒れているのを発見して
病院まで運んでくれた方が居たそうです。
おそらく電車と接触したのでしょう。
病院に着いた時にはすでに片足は切断の選択しかなかったようです。
病院にはともかく、救助していただいた方にもどうしてもお礼が言いたいので
教えてほしい旨をお願いしたのですが、、匿名希望との事で願いはかないませんでした。

その後彼女は回復し退院することができました。

c0260264_6193641.jpg
c0260264_6195477.jpg

c0260264_6201512.jpg


重心の取りにくい前足のないペロでしたが、約1年ほどは頑張って歩くことが
できるまで回復し、そのころすでに家に来ていたジャスミンとの散歩もできるようになり
ほっとしていましたが、その後子宮にがんが見つかり半年ほどの闘病のうちに
息を引き取りました。
晩年こそ大変な思いをさせましたが、17年と言う長い歳月子供たちの成長を見守り
我が家の家族として生きてくれたことに感謝しています。

ペロを通して動物を飼う事の辛さや楽しさを教えてもらった気がしております。

さ~夜が明けてきたようです。そろそろジャスとアリスが起きてくるはず!
また今日も暑い1日の始まりです。
by jyasupapa | 2013-08-11 06:34 | その他 | Comments(3)
Commented by ranranlabra at 2013-08-11 08:21
そんなお話しがあったんですね・・・
犬を家族として受け入れると言う事は
楽しい事や辛い事があるけれど
愛しいワンコ達と過ごした時間は何にも代え難い宝物です

可愛いペロちゃんとの充実しつつも切なかった日々を紹介して戴きありがとうございました。
今日も暑くなりそうですね(^o^)

昨日から、いでたつひろさんの絵画展やっています、またお時間ありましたら是非お出掛け下さいませ。
Commented by はな at 2013-08-11 08:41 x
はなです。ペロ先輩!すごいです!!みーたが感動してウルウルしてます。はなもペロ先輩みたいになるです!!
Commented by プリン♂ at 2013-08-13 05:39 x
朝から凄い感動させられました(T-T)
ぺロは自分も少なからず思い出があるので、望月家の皆さんのペロへの愛情を想うと心苦しくなります。
でも望月家の子供たちが純粋に優しく育ったのもペロのおかげだろうし、自分もペットを飼う大切さ大変さを望月家から勉強させてもらいました!
小林家もそんな温かい絆を深めていきたいです( 〃▽〃)